FileMaker 15発表!!

012_Filemaker15_A

去る5/11、FileMaker 15が発表されました。およそ一年ぶりとなる、新しいバージョンの登場です。

詳細はFileMaker社のHPをご覧いただくとして… ファースト・インプレッションとしては、順当に機能が増強されているといったところでしょうか。Webテクノロジーの強化による、タブレット端末・スマートフォンへの対応拡張などはその最たるものでしょうね。

開発者としては、以下の機能が気になったりしています。

  • スクリプトワークスペースのUndo/ハイライト表示
  • セキュリティ/SSLの強化
  • WebDirectのパフォーマンス改善

…開発? そうなんです。当社では「Manual Generator.」というiPadで動くマニュアル作成ソフトの開発をFileMakerで行っているのです。

Manual Generator.というソリューション

このソフトの大きな特徴  それは、「マニュアルのプロが作ったマニュアル作成ソフト」であること。iPadの機動力を活かし、マニュアルを簡単に作成し、閲覧することができます。それだけではありません。作ったマニュアルを管理する機能も備わっています。

詳細は当ブログでもおいおいご紹介していきます。ご興味のある方、お問い合わせ窓口はこちらもしくは当ブログサイドバーのメールフォームでもOKです。

プラットフォームとしてのFileMaker

FileMakerはただのデータベースソフトではありません。開発環境が非常に充実しているので、Manual Generator.のようなソフトウェアだって作ることができてしまいます。

サーバーを用意すれば、FileMakerで開発した成果を簡単に共有することができます。もちろん、Manual Generator.で作ったマニュアルも複数名で共有可能です!

当ブログでは今後もFileMakerの情報/開発Tipsなどをお届けしていく予定です。Manual Generator.のPRも(ほどよい塩梅で)お送りしたいと思っています。お楽しみに。