今年もDMSが開催されます

014_DMS

来る6/22(水)~24(金)、東京ビッグサイトにて「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS)」が開催されます。この展示会は「製造業向けITソリューション展」と呼ばれるもので、主にCAD/CAE/ERP/生産管理システムなどが紹介されています。

当社も毎年出展しており、近年はManual Generator.に大きな反響をいただいています。実際にiPadをつかってManual Generator.の操作をお見せしたため、わかりやすいインターフェイスと相まってどのお客様も食い入るようにご覧になっていました。とあるお客様からは「こんなソフトを探してたんだよ~」と言っていただき、とてもうれしかったですね。

今年の展示テーマは…

Manual Generator.を展示の目玉としますが、それだけではありません。「○○○が伝わらなくて困っている」方たちに対して何が提供できるのか  伝わらないことが原因で引き起こされるさまざまなお困りごとを解決に導くべく、当社のサービスラインナップを包括的にご紹介できるような展示を考案中です。

  • 伝わらない原因を知りたい
  • 伝わる資料を作ってほしい
  • 伝わるしくみを提供してほしい
  • 伝わる/伝えるノウハウを身につけたい

上記のようなご要望に対して、当社のサービスのなかからピンポイントでソリューション(解決策)を提供する。そのきっかけとなるような展示会にしたいと考えています。

マニュアルを「見る」から「使う」へ

マニュアルは作って終わり、ではありません。マニュアルをただ「見る」ためだけの存在にしてしまうと、不思議なものでどんどん見なくなってしまう…そんな経験はないでしょうか。マニュアル自体を「使いこなす」、マニュアルを作ることそのものを活用する、そうした発展性が求められているのではないでしょうか。

新人教育の場にManual Generator.を活用できるかもしれません。習熟度をはかるためにはマニュアルをつくらせてみるのも一つの手です。だれかに物事を「伝える」ためには、きちんとした理解が前提となります。マニュアル作成を行うことで、理解が足りない部分、説明が弱い部分が一目瞭然となります。

また、Manual Generator.で作ったマニュアルを、別用途  たとえばチェックリストであるとか  に転用できないか。これはただのたとえにすぎませんが、作業工程という大きな流れの中にマニュアルを位置づけることによって、新しいマニュアルの活用法を見出すことはできないか。

わたしたちも日々マニュアルの可能性を模索しています。DMSでみなさまとお会いすることによって、次の可能性を生み出していければ…と考えています。

まずは来て見て、触れてください

DMSは製品カテゴリーごとに以下の9つの専門ゾーンが特設されています。

  • CAD & PLM/PDM
  • CAM
  • CAE
  • 3Dプリンタ/RP
  • 3次元測定
  • SCM・ERP・生産管理システム
  • 図面管理・文書管理
  • 技術伝承・技術者教育
  • 設計・製造アウトソーシング

当社のブースはそのなかの「技術伝承・技術者教育」ゾーンに位置することになります。

「平プロモート(Taira Promote)」が目印です。皆様お誘いあわせの上、ご来場いただけたら幸いです。お待ちしております。