Manual Generator.でマニュアルを「つくる」

023_tukuru

Manual Generator.の魅力を、四回連続でお届けするコーナーです。第一回目はManual Generator.の「つくる」機能に焦点を当ててみたいと思います。

みなさん、社内マニュアルを作るときはどんな気分でいらっしゃいますでしょうか。やれやれよっこらしょ、となにかしら心の中でふんぎりをつけてから、重い腰をあげることが多いのではないでしょうか。

Manual Generator.は違います。Manual Generator.はたいへん扱いやすい設計になっているため、肩ひじ張ってマニュアル作成にとりかからなくても大丈夫。日々、行っている作業を記録するだけでマニュアルができてしまうのです。

誰でも簡単な操作が可能

Manual Generator.はiPad上で動くツールです。タブレット機器であるiPadの一番の利点はなんでしょうか。それはPCの操作に不慣れな方でも、直観的に操作ができることだと考えます。Manual Generator.もiPadの操作性をそのまま活かしており、手順どおりに写真・ビデオを撮影するだけで手順書ができあがってしまうのです。

以前のエントリーでも触れましたが、Manual Generator.の開発コンセプトは「誰でも簡単に素早く、均質なマニュアルをつくることができる」ことにあります。いままでマニュアルをつくることがなかった人、作業を熟知した職人さん、現場の作業管理者の方など、人を問わず簡単にマニュアルを作成できる。Manual Generator.の最大の強みが、ここにあります。

どこでもすぐにマニュアルを作成できる

Manual Generator.がiPadではなく、PCだけで動くソフトウェアだとしたらどうなったでしょうか。現場の作業をデジタルカメラで撮影し、事務所のPCで写真を取り込み。PCでマニュアルを作成し、プリントアウトした紙の束を現場でめくりながら作業する  なんだか考えただけでおっくうになってしまいますね。

iPadとManual Generator.の組み合わせは、上記の問題点をすべて解決してくれます。

ノートPCより可搬性に優れたタブレットだからこそ、どこにでも持ち運ぶことができます。カメラも内蔵されていますので、わざわざ別の機器を持ち運ぶ手間もかかりません。Manual Generator.のテンプレートに写真・動画・テキストを即座に入力できるため、事務所での作業はなくなります。もちろん、マニュアルの閲覧もManual Generator.におまかせ。紙の束を持ち歩く必要はなくなります。

iPadであれば起動もはやく、思い立ったときにすぐマニュアル製作へとりかかることができます。鉄は熱いうちに打て、思い立ったが吉日だ… iPadの機動力は必ずやあなたを手助けしてくれることでしょう。もちろん、Manual Generator.もね。