FileMakerとGoogle Analyticsを(ちょっとだけ)連携させる方法

060_GoogleAnalytics

自社サイトやブログの運営・解析に欠かせないGoogle Analytics。みなさんの会社や、個人ブログなどでも使っている方は多いのではないでしょうか。もちろん当ブログでも利用しています。無料で使えるアクセス解析ツールでありながら、その機能は多岐にわたっており、すべてを使いこなすのは至難の業です。

今回はそんなGoogle AnalyticsとFileMakerを組み合わせてみよう! との思いつきから、実際に試してみたお話です。

Web解析とFileMakerのWebビューアを連携させよう

使うのはWeb解析のほうです。Google Analyticsの使用法については、情報量豊富な他サイトに譲るとして…

Web解析

まず、みなさんがお使いの自社ドメイン(仮にhttp://www.example.comとします)に、解析用ページをアップロードします。たとえば解析ページ用に、以下のようなHTML(http://www.example.com/analytics.html)を保存してみましょう。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Analytics</title>
<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,’script’,’https://www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’);

ga(‘create’, ‘●●●<注:みなさんのトラッキングID>’, ‘auto’);
ga(‘send’, ‘pageview’);

</script>
</head>
<body>
Analytics
</body>
</html>

FileMakerカスタムApp(FileMakerで作成したデータベースアプリケーション)の解析元ページにWebビューアを配置し、上記HTMLへアクセスするよう指定します。その際、ちょっとした手を加えます。

"http://www.example.com/analytics.html?utm_source=" & ●●●<注:FileMakerカスタムApp内のフィールドを指定>&"&utm_medium=" & Get ( アカウント名 )

Google Analytics解析ページへアクセスする際、URLクエリ(URLの「?」以降)に引数を渡すことで、情報をGoogle Analyticsへ受け渡すことができます。上記の場合、「utm_source」にFileMakerカスタムApp内の特定のフィールド(●●●)を、「utm_medium」に現在アクセスしているアカウント情報を渡してあげているという仕組みです。

こうすることでGoogle Analyticsダッシュボード(解析画面)のなかの「集客」→「すべてのトラフィック」→「参照元/メディア」に、指定したフィールドとアクセスしたときのアカウントが表示されることとなります(下図参照)。

解析結果

パラメータとしては他に「utm_term」「utm_content」「utm_campaign」などもありますので、2つ以上の情報を受け渡すことも可能なようです。もともとこのパラメータは「http://www.example.com/?utm_source=facebook&utm_medium=social」のように「socialメディアのFacebookより流入」といった解析をするものになります。

いかがでしたでしょうか? あくまでも「ちょっとだけ」連携させるやりかたですが、上記方法を使えばFileMaker内部の情報をGoogle Analyticsで解析させることができます。「どのレイアウトがよく見られているか」「どのアカウントが頻繁にアクセスしているか」などをWebページと同じように解析することによって、よりよいカスタムAppを生み出すことができるのではないでしょうか。