関西医療機器開発・製造展(MEDIX)へ出展します

第8回 医療機器開発・製造点へ出展します! 期間2018年2月21日(水)〜23日(金)

以前の記事でも触れましたが、いよいよ今月21日(水)~23日(金)の3日間「第8回医療機器開発・製造展(MEDIX)」へ出展します!

Manual Generator.の活躍の場を求めて

これまで使用されてきた製造業の現場以外の分野においても、Manual Generator.が活躍できる場はまだまだあるのではないか。
そんな思いから昨年、まずは医療業界におけるニーズを掘り起こすためメディカルジャパン2017に初出展いたしました。
医療業界への進出は当社としても初めての試みということもあり、まさにすべてが手探りの状態。しかしご来場くださったお客様からは普段のお困りごとなどのご意見を頂き、業界における具体的な需要を汲み取ることができました。
2回目になる今年の出展においては、前回知ることのできたニーズに応えるべく、医療現場におけるManual Generator.の可能性を明確に感じて頂けるような展示にしていきたいと考えています。

医療現場におけるマニュアルの有用性

今回は「医療現場における教育」と「医療機器メンテナンス」の二つのシチュエーションを軸にManual Generator.の実力をお見せいたします。

「医療現場における教育」においては、例えば新人教育研修を行う際に教える側が「どうすればノウハウをうまく伝えられるのか」といった不安を抱えがちですよね。
そこでManual Generator.を導入することにより、マニュアルをテキスト教材として、指導内容をビジュアルで見せながら研修を進めることができるようになります。つまりマニュアル自体が指導員を支援するサポートツールとなるのです。
また、Manual Generator.を使って研修の指導要領を共有することによって、指導員側が指導方法を把握しやすくなり、指導員ごとにばらつきやすい研修のクオリティを統一することができるようになります。それによって常に一定の水準を満たした研修成果を出していけるようになるわけです。さらにチェックリスト機能を使えば、教育に対するフィードバックを得ることもできます。
同時に、指導員側も教育を通じてこれまで自身が行っていた手順の振り返りや見直しをすることができ、さらなるスキルアップにもつなげていくことができます。

製造業のノウハウを活かして

「医療機器メンテナンス」のシチュエーションでは、医療機器の日常点検や定期点検の際に臨床工学技士の方が活用できるマニュアルツールとしてManual Generator.は十二分に活躍できます。
従来我々が携わってきた製造業の分野においても機器のメンテナンス・保全は欠かせないものであるため、これまでのノウハウを活かしたマニュアル作成のアドバイス・コンサルティングなどのサービスもご提供が可能です。
もちろん点検を行っている技師の方だけでなく、その機器を普段使用している医師や看護師の方向けの作業・点検用マニュアルもManual Generator.で作ることができます。作ったマニュアルを共有することによって、現場全体で機器に対する理解を深めていくことができることでしょう。また、日々運用するチェック表としても活用できます。

「医療現場における教育」と「医療機器メンテナンス」というテーマがより具体的にイメージできる展示を目指して、現在スタッフ一同、鋭意準備を進めている真っ最中です。
また、新たに進化したManual Generator.についても今回の出展で何かしらの形でお見せできればと検討していますので、会場にお越しの際はぜひ一度弊社ブースへお立ち寄りください。